スズカエンデューロ優勝記念 CARACLEフォトコンテスト 入賞者発表!

Facebook にシェア
LINEで送る
GREE にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

スズカエンデューロ優勝記念 CARACLEフォトコンテスト」には、お陰様を持ちまして105作品ものご応募をいただきました。応募者の皆様には厚く御礼申し上げます。

国内外でCARACLE-Sを活用頂いている力作が多数寄せられ、我々も選考に悩みましたが、下記の通り決定いたしましたので発表致します。

 

■最優秀賞(しゃいん@南仏~北伊 さん)

tw170811m01_1st北イタリアのポルトヴェーネで撮影されたこの写真は、カラフルな家並みが目を惹きました。これは城壁の役目も果たしていた、パラッツァータと呼ばれるものだそうです。あちこちに掲げられている白地に赤十字の旗は、1797年まで存在したジェノバ共和国の国旗です。

しゃいんさんはこの夏、南仏から北イタリアを旅行する際にCARACLE-Sをお連れ頂きました。

CARACLE-Sの世界最小サイズと優れた走行性能を活かして標高754mのサイクリストの聖地ギザッロ教会を訪ねたり、美しい海を一望できる丘に上られたりしたようです(下の全応募作品ギャラリー参照)。

161220_160230r1今回は折りたたみ運搬ケースを自作されたそうですが、キャスター付きのスーツケースが便利な場面もあるかと存じます。ぜひ、賞品のCARACLEスーツケース CL-281もご活用の機会をお持ち下さい。

 

・最優秀賞賞品:CARACLEスーツケース CL-281 [受賞作品をスーツケース表面にプリントして進呈します]


■優秀賞(yuyas1231 さん)

fb170721y01_2nd青い空に白い雲。その下の巨大な風車は、これぞオランダ? でも、ひまわり畑と三色旗は、ツール・ド・フランスの中継放送で見慣れた真夏のフランスの雰囲気も漂います。

実は、ここは印旛沼に面した佐倉ふるさと広場だそうです。フレーミングが素晴らしいので国内を感じさせる余計なものが写っておらず、ヨーロッパ旅行のワン・シーンのようです。

一番目を惹いたのはこの写真でしたが、yuyas1231さんは台湾一周、韓国縦断、中国成都とCARACLE-Sで海外を走り回っておられます。素晴らしい海外の写真も、多数ご応募いただいています(下の全応募作品ギャラリー参照)。

9月には再び韓国を旅行されるとのこと。また素晴らしい写真とレポートを楽しみにしています。

ちなみに同じ赤白青の配色ながら、フランスの三色旗は縦縞、オランダは横縞です。

 

160604_083918r1・優秀賞賞品:wellgo M138 QRD フラットペダル

 


■優秀賞(mittan さん)

tw170721t01_3rd

恐らく、画像フィルターなどを使用されているのでしょうね。CARACLE-Sの背後の建物はドラッグストアのようですが、黒雲とセピアがかった色合いで、アート作品のような神秘的な雰囲気を漂わせています。

ここはアメリカのアリゾナ州エイボンデール。日本から州都フェニックスまでは空路で移動し、そこからエイボンデールまで鉄道輪行で移動されたそうです。

CARACLE-Sは市販のスーツケースに収まるのが大きな特徴です。多少手荒に扱っても損傷を与えにくいので、飛行機でも鉄道でも気楽に持ち運べます。

当たり前のことですが、自転車ならほとんどの国で免許不要で無料で乗れます。海外でも滞在先から気軽に足を伸ばせるので、旅行の幅がグッと広がりますよ。

軽量で走行に優れたCARACLE-Sなら、ちょっとした街中散策から、郊外へのロングライドまで充分に対応できます。治安の悪い地域でも、世界最小サイズに折りたたんで店や施設に持ち込んでしまえば、盗難の心配もありません。

 

160604_083918r1・優秀賞賞品:wellgo M138 QRD フラットペダル

 


170609_110946r1上記入賞に漏れた応募者にも、CARACLE-Sオーナーには全員にCARACLEオリジナル6機能ミニツールをプレゼントします。賞品は順次発送いたしますので、到着まで少々お待ち下さい。

初回にも関わらず、力作ぞろいでCARACLEスタッフ一同で楽しませて頂きました。ぜひ下記の全応募作品ギャラリーもご覧下さい。

応募作品は今後の広報活動にありがたく活用させて頂きます。改めまして、この度のご応募に深く感謝申し上げます。今後もCARACLEオーナーに恩返しするイベントを実施していくつもりですので、ご注目下さい。


■全応募作品ギャラリー

著者プロフィール

ヒサユキ
ヒサユキCARACLE営業担当
自転車歴は30年を突破。高校時代から本格的にツーリングを始め、大学時代はキャンピング装備で日本中を東奔西走。ここ15年ほどはヒルクライムにはまり、最近はブルベも開始。テック・ワン入社後は、さらに耐久レースにも参戦していますが、のんびりツーリングも大好き。
愛車は自社のCARACLE-S 2台に、オーダークロモリバイクなど。
テック・ワンでは折りたたみ自転車CARACLE営業担当。と言いながらその実態は、組立・検品作業や仕入、ネット関連や日々の出荷作業まで、雑多な業務に取り組む何でも屋。
Facebook にシェア
LINEで送る
GREE にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

Top