CARACLE-Sの秘密05 [超コンパクトな専用輪行袋]

Share on Facebook
LINEで送る
Share on GREE
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

150328_091300_019 CARACLE-Sは65×48×33cmという、世界最小の折りたたみサイズを実現していますが、そのサイズにピッタリの輪行袋「トレバッグ」をご用意しています。

150328_092404_025 トレバッグに収めたCARACLE-Sは、ヒザの間に挟んで列車の席に座っても通路を通る人のジャマにならないコンパクトサイズ。これまでの輪行のイメージを変える気楽さを提供します。

DSC_3847as トレバッグは単体でも底部を外して車輪を転がす事ができますが、オプションのキャスターを装着すると、車体を完全に収納したまま転がし輪行が可能です。これならJRの規則にも完全対応。

DSC_3787as また、走行時にはシートポストやハンドルポストに装着できます。収納袋のスペースに余裕があるので、携帯ツールやミニポンプなどを一緒に収納することも可能です。

 「超小型」「JR対応」「携行可」という特徴を備えたトレバッグはCARACLE-Sをより便利に活用するための必須アイテムです

■トレバッグ(輪行袋) [CARACLE-S用] :希望小売価格5,500円+税
■トレバッグ用キャスター [CARACLE-S用]:希望小売価格6,500円+税

 

著者プロフィール

ヒサユキ
ヒサユキCARACLE営業担当
自転車歴は30年を突破。高校時代から本格的にツーリングを始め、大学時代はキャンピング装備で日本中を東奔西走。ここ15年ほどはヒルクライムにはまり、最近はブルベも開始。テック・ワン入社後は、さらに耐久レースにも参戦していますが、のんびりツーリングも大好き。
愛車は自社のCARACLE-S 2台に、オーダークロモリバイクなど。
テック・ワンでは折りたたみ自転車CARACLE営業担当。と言いながらその実態は、組立・検品作業や仕入、ネット関連や日々の出荷作業まで、雑多な業務に取り組む何でも屋。
Share on Facebook
LINEで送る
Share on GREE
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

Top