CARACLE-Sでブルベ200km完走認定

Facebook にシェア
LINEで送る
GREE にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

160130_072815CARACLE営業ヒサユキです。1/30に開催されたブルベ「BRM130 泉佐野200km」にCARACLE-Sで参加してきました。

160130_121912これまでにもCARACLE-Sの長距離走行性能には自信を持っていたので、自分なりに勝算を持って臨んだんですが、15kmも走らない序盤にパンク2連続!

・・・いきなり、余裕がなくなりました(^_^;)。

約45分のタイムロスに、替チューブやパッチのストックも無くなり、一時はDNF(リタイヤ)も考えましたが、CARACLE-Sをご存知の参加者に励まされて、先に進むことにしました。

160130_132800前半からできるだけペースを上げ、PC(チェックポイント)以外では休みを取らずに必死でタイムを稼ぎました。それでも、約3分の1を走ったPC1では、タイムアウトまで33分しかない際どい展開。

160130_164234それでも後半の追い風と、前を引いて下さる方にも助けられて、少しずつ時間に余裕が出てきました。

ところが、無理な追い込みがたたったのか、補給が足らなかったのか、終盤にフラフラになってしまいました。

平地のラスト8kmに40分もかかかる体たらくでしたが、CARACLE-Sの優しい乗り心地に助けられて、何とか12時間47分で実走210kmを完走しました。

純粋に走行性能だけを考えればロードバイクの方が有利かもしれませんが、CARACLE-Sならバスやタクシーにも気軽に持ち込めるので、万が一の撤退も簡単で、ブルベ向き(笑)。

160131_084150下りは車輪径の大きなロードバイクに敵いませんが、上りではロードに抜かれることもなく、むしろ有利(たまたま?)。大部分を占める平地では、前走者に貼り付くコバンザメ走法で不利を補いました。小径車の特性を理解して工夫をすれば、充分ロードバイクに対抗できるというのが今回の感想でした。

160130BRM200泉佐野認定証公式に200km完走の認定を得たことは、CARACLE-Sの長距離走行性能を実証できたと思いますし、個人的にも達成感の大きい機会になりました。

えっ! 次は300km? ・・・それはもう少し先にしましょう(^_^;)。


詳しくは個人ブログでレポートしています

著者プロフィール

ヒサユキ
ヒサユキCARACLE営業担当
自転車歴は30年を突破。高校時代から本格的にツーリングを始め、大学時代はキャンピング装備で日本中を東奔西走。ここ15年ほどはヒルクライムにはまり、最近はブルベも開始。テック・ワン入社後は、さらに耐久レースにも参戦していますが、のんびりツーリングも大好き。
愛車は自社のCARACLE-S 2台に、オーダークロモリバイクなど。
テック・ワンでは折りたたみ自転車CARACLE営業担当。と言いながらその実態は、組立・検品作業や仕入、ネット関連や日々の出荷作業まで、雑多な業務に取り組む何でも屋。
Facebook にシェア
LINEで送る
GREE にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

Top