チームCARACLE高野山修行ライド

Facebook にシェア
LINEで送る
GREE にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

170715_103610CARACLE営業ヒサユキです。今年はノリクラこと「マウンテンサイクリングin乗鞍」に、テック・ワン従業員で構成するチームCARACLEから4名がエントリーしています。

そこで先週末はヒルクライムトレーニングのために、大阪から高野山まで上ってきました。元々、高野山往復は毎年乗鞍前の個人的行事だったんですが、今回はこれを発展させ、未エントリーのチームCARACLEメンバーや、私の友人も含めた7名が参加しました。

170715_144842堺市の荒山公園に集合し、国道480号線の鍋谷峠を越えて和歌山県に入り、市峠を経て高野山に到達。帰路は国道370号線から国道371号線の紀見峠越えて大阪府に戻るという120kmコース。大きく4つの上り区間があり、獲得標高は2500m以上。

170715_143905というだけでも過酷ですが、当日は最高気温35度の酷暑でまさに修行のような一日でした。ジュースにアイスにやきもちに笹巻あんぷと、暑さ対策で頻繁に休憩を強いられ(?)、ペースが遅くなりがちなことに加えて、メンバーに二度のパンクも発生。スタート地点に戻ったのは陽が沈むころでした。

それでもCARACLE-Sは、上りの度にロードバイクの参加者に先行して優れた走行性能を示しました。下りでも700Cホイールと遜色ないスピードで下るので、「こんな小さいタイヤで、よくあんなスピード出せるよなあ」と言われましたが、特に無理をしているつもりはないのでチームCARACLEメンバーは不思議そうに顔を見合わせるばかり。

これだけ厳しい修行を積めば悟りを開く・・・ことは無理でも、ノリクラなんか怖くないでしょう。

 

詳しくは個人ブログでレポートしています。

著者プロフィール

ヒサユキ
ヒサユキCARACLE営業担当
自転車歴は30年を突破。高校時代から本格的にツーリングを始め、大学時代はキャンピング装備で日本中を東奔西走。ここ15年ほどはヒルクライムにはまり、最近はブルベも開始。テック・ワン入社後は、さらに耐久レースにも参戦していますが、のんびりツーリングも大好き。
愛車は自社のCARACLE-S 2台に、オーダークロモリバイクなど。
テック・ワンでは折りたたみ自転車CARACLE営業担当。と言いながらその実態は、組立・検品作業や仕入、ネット関連や日々の出荷作業まで、雑多な業務に取り組む何でも屋。
Facebook にシェア
LINEで送る
GREE にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

Top