village on the mountain beyond customed CARACLE-S
Sensoji at Asakusa with CARACLE-S
Wofuzu brige on Kino-kawa River with customed CARACLE-S
Tarinbag for CARACLE-S
Trainbag for CARACLE-S
Business trip with CARACLE-S
Rinko caster for CARACLE-S
CARACLEs on the approach to a Izanagi shrine in Awaji island
Lunch time park in Yokohama with CARACLE-S
CARACLE-S in Tondabayashi Jinaimachi
hydrangea with customed CARACLE-S
Customed CARACLE-S at the side of Yamatogawa river
Giouji in kyoto with CARACLE-S
The Kyoto ctiy hall with CARACLEs
Morning park with customed CARACLE-S
Customed CARACLE-S at the seaside road
front of Tsuno-shima island with CARACLE-S
beside the Fujisaki weir with customed CARACLE-S
customed CARACLE-S on the Mt. Norikura
CARACLE-S HAVE GOT a RUNNER-UP in SIZUKA 8h ENDURO 2016 SPRING
CARACLE-S in 2015 Taipei Cycle Show
sky on water surface with customed CARACLE-S
CARACLE-S in the Suzuka circuit
The Kimi-toge pass with customed CARACLE-S
CARACLE-S in Tondabayashi Jinaimachi
Katsura river in Kyoto with CARACLE-S
CARACLE-S in the Suzuka circuit
Custumed CARACLE-S in Mt. Katsuragi
Rinko at the station
Customed CARACLE-S at Kada in Wakayama
Customed CARACLE-S in a following wind
customed CARACLE-S front of the horyuji temple
the Ishibutai in Asuka and CARACLEs
front of Engetsu-to island in Shirahama with CARACLE-S
Customed CARACLE-S at Kada in Wakayama
Ara-kawa river side with CARACLE-S
Doso-shin in Mt. Katsuragi with customed CARACLE-S
Arashiyama in Kyoto with CARACLEs
Big snowy valley in front of customed CARACLE-S
Customed CARACLE-S in early winter
Shirarahama in Shirahama with CARACLE-S
CARACLE-S in suitcases
Koya-kaido in Kawachi-nagano with customed CARACLE-S

折りたたみ自転車への挑戦

CARACLE-S健康やエコロジーへの関心が高まる中で、スポーツとしての自転車が注目されるようになってきました。東日本大震災では、燃料が不要で道路状況に左右されないという、移動手段としての自転車も大いに見直されました。

そんな背景の中でクラフトマン集団テック・ワンが、次に挑戦する課題として選んだのが、折りたたみ自転車でした。自転車が走りやすさと持ち運びやすさを兼ね備えれば、他の交通機関の力を借りて、行動範囲を大きく広げることができます。

ところが、現状の折りたたみ自転車は、まだまだ力不足。何十万円もする商品でも、気軽に持ち運べるサイズには収まりませんし、無理にサイズを小さくした商品は折りたたみに手間がかかったり、走行性能を犠牲にしています。結局は、多くの人が折りたたむことなく、単なるミニサイクルとして使用しています。

テック・ワンは「小さく」「軽く」「走りやすく」そして「折りたたみが簡単」な、本当の意味での『折りたたみ』自転車の実現に挑戦します。まずはそのマイルストーンとして、20インチタイヤの幅からはみ出さないという、驚異の折りたたみサイズを実現した「CARACLE-S」を世に送り出しました。さらに折りたたみサイズが小さく、軽いモデルも開発中。今後のテック・ワンの挑戦に、ご注目下さい。

 

↓CARACLE-S商品情報↓CARACLE-S商品情報

 

サイトメニュー

Products
商品紹介
Dealers
販売店リスト
What’s CARACLE
ブランド名の由来
Contact us
問い合わせ
Company
会社案内
NEWS
最新情報ブログ
facebook
フェイスブック
twitter
ツイッター
YouTube
動画
Download
画像・取説・広報

facebook

twitter

Top