The Kyoto ctiy hall with CARACLEs
Customed CARACLE-S at the Okawa port in Wakayama
CARACLE-S in the Suzuka circuit
Goseong Korea
a fine view of Nokono-shima island from Odo park
Customed CARACLE-S at Kada in Wakayama
Goseong Korea
Goseong Korea
Sea side in Awaji island
Trainbag for CARACLE-S
customed CARACLE-S on the Mt. Norikura
Business trip with CARACLE-S
CARACLE-S in Tondabayashi Jinaimachi
Mozu-Hachiman shrine in Sakai
Lunch time park in Yokohama with CARACLE-S
Tarinbag for CARACLE-S
Customed CARACLE-S in a following wind
village on the mountain beyond customed CARACLE-S
Customed CARACLE-S in early winter
Rinko at the station
Sea side in Awaji island
old lighthouse in the Sakai old port
Rinko caster for CARACLE-S
Sensoji at Asakusa with CARACLE-S
customed CARACLE-S front of the horyuji temple
front of Tsuno-shima island with CARACLE-S
Shirarahama in Shirahama with CARACLE-S
The Kimi-toge pass with customed CARACLE-S
CARACLEs on the approach to a Izanagi shrine in Awaji island
Katsura river in Kyoto with CARACLE-S
Koya-kaido in Kawachi-nagano with customed CARACLE-S
Norikura hillclimb
front of Engetsu-to island in Shirahama with CARACLE-S
CARACLE-S in 2015 Taipei Cycle Show
Wofuzu brige on Kino-kawa River with customed CARACLE-S
Doso-shin in Mt. Katsuragi with customed CARACLE-S
CARACLE-S won Suzuka 4h.
CARACLE-S in suitcases
Customed CARACLE-S at the side of Kinokawa river
Customed CARACLE-S at the side of Yamatogawa river
training at the juhsan pass by team CARACLE
CARACLE-S in Tondabayashi Jinaimachi
Goseong Korea
Ara-kawa river side with CARACLE-S
beside the Fujisaki weir with customed CARACLE-S
Fuke-ko station with CARACLE-S
Suzuka Enduro in fall 2017
CARACLE-S in the Suzuka circuit
hydrangea with customed CARACLE-S
Custumed CARACLE-S in Mt. Katsuragi
sky on water surface with customed CARACLE-S
Arashiyama in Kyoto with CARACLEs
Morning park with customed CARACLE-S
Giouji in kyoto with CARACLE-S
Customed CARACLE-S at Kada in Wakayama
Customed CARACLE-S at the Minekata pass
the Ishibutai in Asuka and CARACLEs
Big snowy valley in front of customed CARACLE-S
Customed CARACLE-S at the seaside road
Customed CARACLE-S in All Japan Mountain Cycling in NORIKURA 2016
Facebook にシェア
LINEで送る
GREE にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

折りたたみ自転車への挑戦

健康やエコロジーへの関心が高まる中で、スポーツとしての自転車が注目されるようになってきました。東日本大震災では、燃料が不要で道路状況に左右されないという、移動手段としての自転車も大いに見直されました。

そんな背景の中でクラフトマン集団テック・ワンが、次に挑戦する課題として選んだのが、折りたたみ自転車でした。自転車が走りやすさと持ち運びやすさを兼ね備えれば、他の交通機関の力を借りて、行動範囲を大きく広げることができます。

ところが、現状の折りたたみ自転車は、まだまだ力不足。何十万円もする商品でも、気軽に持ち運べるサイズや重量には収まりませんし、無理にサイズを小さくした商品は折りたたみに手間がかかったり、走行性能を犠牲にしています。結局は、多くの人が折りたたむことなく、単なるミニサイクルとして使用しています。

テック・ワンは「小さく」「軽く」「走りやすく」そして「折りたたみが簡単」な、本当の意味での『折りたたみ』自転車の実現に挑戦しています。

CARACLE-Sまずはその第一歩として20インチタイヤの幅からはみ出さず、市販のスーツケースに収納して気軽に飛行機にも載せられるという、驚異の折りたたみサイズを実現した『CARACLE-S』を2015年に世に送り出しました。

CARACLE-Sはただ単に世界最小というだけなく、既存の折りたたみ自転車を遥かに上回る走行性能を備えています。スズカエンデューロ優勝やブルベ完走といった実績を上げ、より早くより遠くを追い求める道具としても充分な能力を示しました。これは、本来の用途である他の交通機関と組み合わせた移動でも力を発揮し、実際に飛行機に載せて海外ツーリングを楽しまれるオーナーも増えました。

「小さく」と「走りやすく」という我々の目標は、CARACLE-Sで一定の成果を上げたと言えるでしょう。

cz009_171222_100812そして第二弾となる新モデル『CARACLE-COZ』は2018年春発売。こちらはカーボンファイバー製フレームやパーツを採用して、完成車で6.9kgと言う驚異的な軽量化を成し遂げました。片手、というより指一本でもで持ち運べるこの軽さは、折りたたんで運ぶ負担を大幅に軽減します。なおかつ、CARACLE-Sで定評のあった走行性能をさらに高め、レーシングコンポのフル搭載が可能な仕様を成し遂げました。これにより、試作車でありながらすでにスズカエンデューロに3位入賞を達成しています。

CARACLE-COZで「軽く」を極限まで追求し、「走りやすく」もさらに高次元に進化しました。

次に達成するのは更なる小型化でしょうか? 全ての目標を達成し、ひとつのモデルに融合するのはまだまだ先になりそうですが、その日を目指してテック・ワンはこれからも挑戦を続けます。

↓CARACLE-S商品情報↓CARACLE-S商品情報

↓CARACLE-COZ商品情報↓CARACLE-COZ商品情報

 

サイトメニュー

Products
商品紹介
Dealers
販売店リスト
What’s CARACLE
ブランド名の由来
Contact us
問い合わせ
Company
会社案内
NEWS
最新情報ブログ
facebook
フェイスブック
twitter
ツイッター
YouTube
動画
Instagram
動画
Download
画像・取説・広報
 
Facebook にシェア
LINEで送る
GREE にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

facebook

twitter

Top