「折りたたみ自転車&スモールバイクCUSTOM 2019」にCARACLE-COZが掲載されました

osc19zCARACLE営業ヒサユキです。毎年冬に発売される辰巳出版さんのカスタム小径車のムック本「折りたたみ自転車&スモールバイクCUSTOM」。20162017と私のCARACLE-Sを掲載いただきましたが、2018はネタがなくパス。2019はノリクラ(マウンテンサイクリングin乗鞍)に向けて組んだ、CARACLE-COZが掲載されました。

osc19a元々そこいらのロードバイクに負けない走行性能を持つCOZに、電動変速のデュラエースDi2、フロントシングル、各部のカーボンパーツにチタンパーツでペダルレス6.4kgを達成した本気のヒルクライム仕様。

エンジン(私)には難がありますが、純粋に自転車の性能で言えば、「上り(=ノリクラ)で一番速い折りたたみ自転車」というテーマを達成できたと思います。 → 個人ブログのカスタマイズ記事

ここまで軽量化しておきながら、ノリクラ本番では色々と余計な黄色いモノが追加されています。しかも前夜に飲みすぎて二日酔いという、自己管理の大失敗。それでも自己記録を更新することができたのは、さすがCARACLE-COZ?

osc19brそれはさておき、今号は私以外にワイヤレス変速コンポーネント「SRAM RED eTAP」を搭載した長野遊輪堂さんのCARACLE-COZカスタム車も掲載されました。

電動変速は通常のワイヤー式変速のように、折りたたみによってインデックスがずれたり、引きが重くなったりすることがありません。さらにワイヤレスであれば、断線などのトラブルも根絶でき、車体設計の自由度も上がるので、折りたたみ車に適したシステムと言えます。現時点では高価なことが普及を妨げていますが、いずれ時間が解決するでしょう。まずはこういったカスタマイズで、有用性をアピールしていきたいと思います。

Facebook にシェア
LINEで送る
GREE にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

Top