2019上海サイクルショーレポート

190508_0947072019年5月6日~9日に開催された世界最大級の自転車展示会「中国国际自行车展览会(China Cycle/上海ショー)」へ行ってきました。

前回2018年の出展者約1400社、入場者数約12万人という規模は、ユーロバイク(2018年出展者約1400社/来場者数約3万7千人)や台北國際自行車展覽會(2018年出展者約1150社、来場者数約3万4千人)と並ぶ世界最大級の自転車展示会です。ちたみに、日本最大の自転車展示会サイクルモード東京(2018年出展者数172社、来場者数約2万6千人)と比べると、規模がひと桁違います。

190507_151239かつては入門グレードの一般車中心と言われていましたが、現在は低グレード一般車の比率は少なく、台北ショーと比較しても見劣りしないハイエンド志向の展示会でした。電動系車種、その中でもミニベロが非常に多く、子供車や類似遊具(ランバイク、キックスケーター等)も目に付くのが上海ショーの特徴です。

電動系車種はペダリングの必要なアシスト車だけでなく、スイッチだけで走る電動自転車、はたまたペダルすらない電動オートバイまで、多種多様。電動であれば技術的には大差ないためか、自転車とオートバイの垣根が崩れつつあることを体感しました。

190508_095448独自の規制があるので、すぐに日本市場に普及するかはわかりません。しかしながら、電動車種が充分な実用性を持っていることは、すでに中国国内の二輪車は電動車種ばかりで、非電動自転車やエンジン式オートバイが少数派になっていることでも実証されています。パソコンや携帯電話のように、世界規格が日本独自規格を圧倒する日が来ないとは断言できないでしょう。

C190509_070732ARACLEシリーズが主用途して想定する「折りたたんで持ち歩く」ためには、まだまだバッテリーやモーターが重たすぎますが、技術の進歩に注意を払って行くつもりです。

会場や上海の様子をInstagramfacebooktwitterでリアルタイムレポートしていましたが、これをまとめました。これからの自転車の動向を伺える会場や上海の様子を、ぜひご覧ください。簡単に飛行機に載せられる特徴の実践を兼ね、今回もCARACLEを上海に持ち込みました。短時間ながらポタリングすることも出来ましたので、その様子もご報告しています。


※一部(長文)の報告が含まれていない場合がありますので、Instagramのレポートもご参照下さい。
 → CARACLEさん(@caraclebike) • Instagram写真と動画

Facebook にシェア
LINEで送る
GREE にシェア
このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

Top